So-net無料ブログ作成

スケルトン [2018]

大多数のパーツは原点へ挿入するのだが、
市販品はそうは行かない。

ギアなどは、"あれっ どっち向きだったっけ??" なんて時は、
無条件でスケルトンを配置。

"そうそう、こっちこっち”

ギヤ等はキーの端面でフラッシュ拘束するが、
どっち向きか?微妙な場合は記憶に頼る。

あいにく全てを把握できるほどの頭脳を持ち合わせていないので、
スケルトンのお世話になるのだ。

配置後は削除して作業終了!!

トップダウンの常套手段なのだ。
(個人の意見です。)

20170383.PNG


nice!(0)  コメント(0) 

オーバースペック [2018]

偏荷重だったので心配したが、概ね OK 。

不安な時は頼りになるヤツだ。

この計算を電卓でやれと言われれば...

考えない方が無難だ。(* ̄m ̄) ププッ

20170382.PNG


nice!(1)  コメント(0) 

久々に本屋 [2018]

先日、久々に本屋に立ち寄り怪しいものを見つけた。

内容は、乏しいが 5mm方眼のメモするページが多い。

ココに不足する情報を書き足せば、
自分専用にアレンジ出来る。

隣の新書サイズのブックカバーは大昔に仕入れていた物。

最近は電子書籍を愛用しているので活躍の場を失っていた。

今回購入の物は偶然そのサイズだったので、
奇跡的にピッタリ収まった。

これを打合せ時に持参すれば心強いし、
デスク脇でも大いに活躍すること請け合い。

20170381.PNG


nice!(0)  コメント(0) 

JISについて

ヒマを見つけては、何が変わったか探していたが、
特に大きく変わった様子はないと感じた。

その中で座ぐり穴の表記はビックリした。

今までよりコンパクトに表示出来るので、
早々に取り入れようと思う。

仕上げ記号も少し変わっていたが、
まだ ▽ でやっているところも多く
現状のままで行こうと思う。

20170380.PNG
nice!(0)  コメント(0) 

バグ?? [2018]

マイグレーション中に、文字の入力が出来なくなる。

全くと言う訳ではなく、ある一定間隔で入力が不可能になる。

Windowsの問題かも知れないが、
その間は文字入力は諦めた方が良さそうだ。

マイグレーションは時間が掛かるので、
その間は読書をオススメする。

添付はマイグレーション中のCPUやメモリーの状態。

瞬間、100% 近くまで行く事があるが、
大抵 30~40% をウロウロしている。

20170379.PNG



nice!(0)  コメント(0) 

段落の設定 [2018]

2017 までは段落の設定を1.5行 にしていたが、
2018 では間隔が空きすぎる感じがするし、
1 行では 少し狭く感じる。

現状、1.2 行で落ち着いている。

20170378.PNG


nice!(0)  コメント(0) 

リンク異常。 [2018]

最近、トリッキーな事を良くする。

Inventor をなめているのだろう!?

20枚程度のユニットであれば、デザインアシスタントを使用せず、
直接、リネームして 後にリンク異常を正常化していく。

その時に現れるダイヤログポックスが使い辛い。

もっとも、非常時にしか現れないので、
故意にリンク異常を起こすのはタブーだと承知はするのだが...

せめて、スライドバーの位置は記憶して欲しいものだ。

20170377.PNG


nice!(0)  コメント(0) 

ミクロン

先日の便覧を軽く読みまわして気が付いた事がある。

以前から、20~30代の若者の前で
ミクロンと言うと 失笑されて

結城さん それ "マイクロメートルですから!!"

などと、小バカにされる理由が分かった。

確かに冊子には ミクロンなどの記述はない。

我々世代は 1ミクロンと言えば、
直感的に0.001mmが頭に浮かぶが、
彼らは 1μm で直感的に対話する。

確かに、マイクロと言う単位はあっても、
ミクロンとは誰が言い出したのか、
今から考えると迷惑な話だったな。
nice!(0)  コメント(0) 

JISについて

35年以上使用していた機械設計便覧の装丁が機能せずページがバラバラ、
その上35年分の落書きで真っ黒になり汚いので数年前に廃棄していた。

今はネットに頼って都度情報を拾いながら、
良く使用するものはクリアーファイルにマトメている。

JISでは国際単位系への移行を
1992から3~7年の猶予期間を経て順次施行されてきた。

何時までも どこが出所かも分からん情報を いいオッサンが使用することに疑問を感じ、
どんな流れでJISが変貌を遂げたかも知りたかったので購入に踏み切った。

発行年を3年置きに空けたのはそのせいだ。

小さな冊子は機械の事を広範囲に小難しく解説している。
専門でない情報の方がが多いので、秋の夜長の良いお供になりそうだ。

頻出、機械要素をマトメたA4横の冊子は、
ボルト・ナット・ピン・止め輪等々をまとめてあり、
デスク横で活躍する予定だったのだが...

最近のJISは使い辛くてどうしようない。

ボルトの頭やナットの厚みが整数で記述されていない事に驚き、
ねじの下穴等もねじの掛かりによって区分されたりで・・・

頭の良い人は、すぐに慣れて使いこなすのだろうが、
頭が凝り固まった当方には、全く入って来ない。

結局大昔の機械要素の抜粋してある1982年発行の物を使用するハメに。

処分しなくて良かった。

PS...
ネット上で本を物色している時に、古い本が高価で取引されていた疑問が解決した。
最近の機械系の本は見辛いので、昔の本を買い求めているのだ。

単位がややこしくなっただけで、なんら変わっていない気がする。
(あくまで 個人の意見です。)

機械便覧.png
nice!(0)  コメント(0) 

2018.1.2 アップデート [2018]

またアップデートがあった。

調子が良いのだが...

いったい何を修正しているんだろう??

Readmeを読めば分かるのだろうが、
横着なのだ。(* ̄m ̄) ププッ

20170376.PNG
nice!(0)  コメント(0) 

いつまでたっても [2018]

何年やっても立体交差は頭が煮える。

IQが低い為だが、同時に2ケしかイメージ出来ない。

結局3D CADを使用しても頭が2Dでは話にならない。

(* ̄m ̄) ププッ

20170375.PNG
nice!(1)  コメント(0) 

インベンターユーザ会 [2018]

随分前からメンテナンスをしている。

このまま自然消滅の予感。

数々のトラブルの回避法や
諸々の懸案事項を解決する手段を得ただけに、
寂しいかぎりだ。

20170374.PNG


nice!(0)  コメント(0) 

フレームジェネレータ [2018]

最近、スケルトンを鋼材の中心で描く。 その方が後が楽なのだ。 20170373.PNG
nice!(0)  コメント(0) 

月齢 9.4 [月面写真]

高度は低いが晴れていたので、
久々に月を眺めた。

大気の状態も良く あまりの美しさに2時間 見入ってしまった。

上弦 2日目の月で コペルニクスやクラヴィウスが目を引く。

月齢9.4.png


nice!(0)  コメント(0)